【発注者視点】Webライターで月40万を稼ぐために必要なスキルとは?【毎月50万円支払い中】

Webライターが月40万円稼ぐためのスキル

この記事を書いた人
マケズキ
WEBマーケター/アフィリエイター/ブロガー/フリーランス/ニート

なんか色々やってます。本業は月100万円ぐらい収入のあるニート。

●プロフィール
●このサイトの想い

 

「Webライターとして月40万を目指したい!」と思っていませんか?

 

月40万円が稼げたらライターとして一人前のイメージがありますよね。

国税庁によると、サラリーマンの平均年収は425万円です。

ライターとして月収40万円を稼げれば年収480万円ですので、サラリーマンの平均年収を超えます。

ライターとしてフリーを目指せますよね!

まじかぁ~!普通のサラリーマンよりも良い暮らしを送れるじゃん。俺も狙おうかなぁ~

ぜひライターをやるならここまで目指してほしい!

 

ただし、道のりは簡単ではありません。

というのも、Webライターで月40万円を目指すなら、SEOライティング以上のスキルが必須だからです。

どうしてあなたにそんなことが言えるの?

実際に僕は1人のライターに月50万円を支払っています。

こちらがその証拠。

外注費毎月50万円以上支払い証拠画像

このライターさんは文字単価0.5円から始まったのですが、今では文字単価3.5円まで上がり毎月外注費として50万円支払っています。

スキルを磨けば、確実に稼げるライターになれます。

 

この記事では、ライター1人に毎月50万円以上支払っている僕が、Webライターが月40万円を稼ぐのに必要なスキルを”発注者視点”で解説します。

 

”Webライター”が語る「稼ぐためのスキル」なんて全くあてになりません。

だってライターに仕事を依頼するのは”発注者”ですから。

発注者視点のこの記事を読めば、Webライターで月40万円を稼ぐために”本当に”必要なスキルがわかりますので、ぜひ読み進めてみて下さい。

Webライターが40万円を稼ぐにはスキルを磨いて継続するだけ

Webライターが月40万円を稼ぐにはスキルを磨くだけ

何度もいいますが、月40万円を稼ぐならスキルを磨くだけ

単純ですが、でもこの単純なことができない。

 

多くのライターがスキルを磨かずに、単価交渉に逃げたり、運よく金払いのよいクライアントを見つけようとします。

それでも確かに月に40万円近く稼げるかもしれません。

でもそれは一時だけ。いずれ単価が下がったり、仕事がもらえなくなるなど、落ちていきます。

 

実際に、僕が外注募集して来てくれたライターさんと面談をした際、月に数十万円稼いでいたけど、金払いの良いクライアントがいなくなったことで、月に5万円まで報酬が下がってしまった話を聞かせてくれたことがあります。

まさに実力がないライターが報酬が下がってしまう実例です。

 

こうなりたくなければ、下手な裏技小手先のテクニックを身につけるより、「稼げるスキルを身につける」という王道をいきましょう。

 

スキルを磨けば良いのは分かったんだけど、どのくらいまでスキルを上げればよいの?

たしかに、「スキルを身につけろ」と単に言われても、具体的な目標を立てづらいですよね。

 

そこで僕が実際に外注で50万円を支払いっているライターさんの例を紹介します。

そのライターさんは、文字単価3.5円で月に50万円を支払っています。

もしWebライターとして月収40万円を目指すなら、文字単価3.5円を目指すとよいでしょう。

 

では、文字単価3.5円を目指すとなると、どのようなスキルが必要になるのか?

僕は外注ライターさんに対してスキル別に文字単価を決めています。

それが、こちらです。

  • テスト段階:0.5円
  • 添削が必要:1.0円
  • 添削が不要:1.5円
  • 記事設計可:2.0円
  • 他人の添削が出来る:2.5円
  • キーワード選定可:3.0円
  • マーケティングが理解出来る:3.5円
  • セールスライティング可:4.0円

僕の場合は、セールスライティングまでできると文字単価4円を支払っています。

ただ、文字単価4円は「センス」とか「感性」がものをいう領域でもあります。

セールスライティングができるかどうかは、それまでどのような環境で育ち、どのような感性を培ってきたかという運の要素もあるんです。

 

そのため、現実的に目指すのであれば、まずは文字単価3.5円までのライティングスキルがよいでしょう。

ここまでであれば、訓練と経験を積めば、誰でも目指せるレベルです。

 

ですので、Webライターとして月40万円を目指すのであれば、基本的なライティングスキルを磨いていきましょう!

Webライターで月40万円以上を稼ぐのに必要な5つのスキルとは?

月40万円を稼ぐのに必要な5つのスキル

Webライターとして月40万円を稼ぐために必要な5つのスキルを紹介します。

必要なスキルは、以下の5つ。

タイトル
  1. 日本語が書ける力
  2. SEOライティング
  3. 記事設計力
  4. ディレクション
  5. キーワード選定

月40万円をWebライターで稼ぐためには、SEOライティングに加えて、サイト全体の目的を理解して記事を作る力が求められます

また、「どのキーワードで記事を書けば、狙ったお客さんを集められるのか?」というマーケティングスキルも必要です

 

ここでダラダラ書いてもあれなので、以下の記事にまとめてあります。

詳しく知りたい方はのぞいてみてください。

月50万円を支払っているライターがどのようにスキルを身につけたのか?

月収50万円のWebライターはどうやってスキルを身につけた?

何度も紹介してるけど、僕が月50万円を払っているライターさんですが、彼は今では手放せないぐらいに成長しています。

しかし、彼も元は文字単価0.5円からの付き合いです。

 

文字単価0.5円というとかなり低い単価ですが、彼はとても真面目にライティングに向き合い、ここまで成長しました。

そんな彼がどのようにスキルを身につけていったのか?

気になりますよね。

 

1つ話すと、僕がライターさんに外注するときは、まずは「記事作成ガイドライン」というマニュアルを渡しています。

彼も最初は、このマニュアルと「正しい日本語を学べる本」を使って勉強してもらいました。

その本はこちら。

参考文献
文章力の基本

 

僕が使っているマニュアルには、ざっくり以下の内容が書かれています。

  • 中学生でも理解できる良い文章の書き方
  • ゴーストライターになって書く
  • 分かりやすい記事の条件
  • 最終確認を行う
  • 最終確認チェックリスト

このマニュアルと日本語の本だけで、SEOライティングの基礎が身につけられて、文字単価1.5円まで目指せるようになっています。

 

文字単価1.5円まで到達したら、今度は「記事の設計」や「キーワード選定」を学んでもらいました。

実際に選定したキーワードで設計書を作成してもらい、添削していきました

 

僕は月に300万円を稼げていますが、設計書の作り方やキーワード選定にはかなりの自信があります。

「僕のような」とは言いませんが、実力のあるアフィリエイターから正しい記事設計の方法やキーワード選定を学ぶのが一番の近道です。

間違った設計書の作り方やキーワード選定をしても、稼げない記事が量産されるだけなんで・・・。

 

月50万円の彼も、何度も設計書の作り方やキーワード選定をしながら、勉強してもらいました。

3年たった今では、もう手放せないライターさんに成長しています。

もう独立も十分にできるんだけど、本人がそれを希望しませんw

【まとめ】Webライターで月40万を稼ぐなら「スキル」を身につけよう!

僕が月50万円で外注化しているライターさんの例を紹介しましたが、結局はクライアントの売上に貢献できるだけのライティングスキルがないとまず無理です。

スキルがなくて運だけで月40万を達成しても、すぐに稼げなくなります。

でも近道とかないの?

焦る気持ちは分かりますが、結局は月40万円を達成するために必要なライティングスキルを”地道”に身につけるのが近道です

マケズキ

遠回りすることが一番の近道です。・・・・・ってイチローさんが言ってた。

 

実際に、僕が月50万円を支払っているライターさんも、文字単価0.5円から次の手順でスキルを身につけてもらいました。

月収50万円ライターが文字単価0.5円から勉強した方法

  • 0.5円~1.5円:記事作成ガイドライン&日本語の本
  • 1.5~3.5円:モジセン

 

「記事作成ガイドライン」は、僕が「モジセン」という教材に特典としてつけているものです。

え、モジセン って何?

って感じですよね。

 

僕なんてまだまだですが、文章を書いて6年以上飯を食っています。

最初の頃なんて毎日12時間ぐらい作業しながら勉強したりして、まぁ人並みには努力はしたつもりです。

そんな僕がコピーライティングで一番勉強になったのが「モジセン」という教材でした。(実際はコンサル受けた)

実際に、「SEO記事の設計書作成」や「売れるキーワード選定の方法」については、モジセンで学んだことが基礎になっています。

 

まぁ情報商材なんて怪しいのだらけやし、僕自身いろんなコンサル受けたり教材買ったりで無駄金使った経験もあります。

30万のコンサル受けて、初回面談時に「全部は教えない。追加で50万払えば全部教える」って言われたときはビビったよね

マケズキ

有料noteも、brainも、オンラインサロンも全部情報商材と同じようなもんかなと思ってます。(もちろん中には真っ当なものもあると思います)

むやみやたらに商材買うぐらいなら、著者が違うコピーライティングの本10冊買って読んだほうが良いです。

 

それでも、個人的に思い入れあって感謝してるので、このサイトの内部事情を暴露したり、外注さんに渡してるライティングマニュアルやったりを特典として付けてアフィしてます。

昔僕がお世話になった教材

本当に気になった方だけチェックしてもらえたらいいです。

無理に購入する必要もありません。

ただ、特典は気合入れて作ったので、喜んでもらえたら嬉しいです。

 

それでは、ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

マケズキ